ポータブル自動液圧校正器

名称 ポータブル自動液圧校正器
メーカー Additel
型式 ADT762
ADT762.2

Additelの新しい762自動液圧校正器は、使い勝手の良いポータブルサイズで最大70PMaの圧力を自動的に制御および発生

アディテル社は、新しいADT762自動液圧校正器を発表しました。アディテルが革新と自動化を通じてお客様のニーズを満たすために努力を続ける中、新しいADT762は、最大70 MPa(10,000psi)のポータブルで自動化された圧力発生を備えた自動圧力校正器シリーズを拡張しました。お客様は、ご注文時に 0.01%FS と 0.02% FS の精度を選択できます。 まったく新しい校正器には、統合された流体管理システム、フルHARTフィールドコミュニケータ、タッチスクリーン、オンボードデータロギング、Wi-Fi、Bluetooth、USB、イーサネット通信機能が標準で装備されています。

ADT762は、精度に基づいて2つの異なるモデルが提供されます。0.01%FSと0.02%FSが用意されており、各ユニットには、ADT762の現在の制御圧力に応じて異なる内部校正を自動的に選択する独自の機能が含まれています(デュアルレンジ校正とも呼ばれます)。カリフォルニア州ブレアにあるアディテルの世界クラスの校正ラボでは、20 MPa(0~3,000 PSI)および70 MPa(0~10,000 PSI)のレンジで、各ADT762独自の校正を提供しています。校正器が加圧されると、特定の制御圧力に対して不確かさの低いレンジが自動的に選択されます。特許取得済みの内蔵ポンプと流体管理システムを備えたADT762液圧校正器は、便利でポータブルな自動圧力発生と制御をユーザーに提供します。 ADT762は、校正対象機器で使用するためのHARTおよびPROFIBUS通信機能も備えています。8GBの内部データストレージにより、ユーザーは最大1,000,000の時刻と日付のスタンプ付き測定値を保存できます。

カタログ・マニュアル ダウンロード
カタログ ポータブル自動液圧校正器
マニュアル
Copyright© 2010 マキシメーター・フルード・テクノロジーズ株式会社 All Rights Reserved.