液圧ユニット

オイル、水、腐食性の強い媒体用のMAXIMATORパワーパックは、最大700MPa(101,000 psi)の動作圧力を発生するために、すぐに接続できるように用意された完全な油圧ユニットです。油圧システムは、あらゆる種類のテスト、ボルトの締め付け、クランピング、または 特定の圧力を必要とする他の用途に使用できます。

圧力は、エア圧で作動するMAXIMATORポンプによって生成されます。 ポンプは、既存の産業用圧縮エアダクトシステムに接続されます。 圧力を発生させるために、電気接続は必要ありません。

MAXIMATORパワーパックには、すべてのMAXIMATORポンプを搭載できます。 制限は、構造寸法と、それぞれの機能に必要なポンプの流量によりのみ生じます。

簡単な調整試験や問題のないアプリケーションの場合、MAXIMATORパワーパックには必要なすべてのコンポーネントが装備されます。 それらの一部は、フィルターと水分離器を組み合わせたエア制御ユニット、圧力調整バルブ、圧力制御ゲージ、および駆動エア圧を止めるための手動遮断バルブです。

油圧の範囲内のすべてのアプリケーションで、ポンプはコンパクトで省スペースの方法でオイルタンクに取り付けられます。 水または腐食性媒体での操作の場合、ポンプはタンクに取り付けられます。 規格に応じて、6.5リットルから70リットルまでのタンク容量から選択できます。 必要に応じて、より大型のタンクを利用できます。

ご要求に応じて、タンクにはキャリングハンドルまたはホイールを付けることができます(すべてのGタイプポンプおよび30リットルからのタンク容量に推奨されます)。

テストピースを接続するための1つまたは複数の圧力出口を備えたマニホールドブロック(要求に応じて個別にまたは完全にオフにすることができます)同様に、高圧側では、パワーパックには、圧力解放バルブ(拡張バルブ)が装備されます。

動作圧力を表示および監視するために、精度クラス1.0または1.6(要求に応じてより高い精度が可能)の液体充填圧力ゲージを、最大700 MPaの圧力に対してさまざまなサイズで提供できます。

上記の供給仕様範囲であれば、MAXIMATORパワーパックを接続する準備が完了できています。 油圧ユニットを操作するには、駆動エア配管を接続し、タンクに付属の作動液を充填するだけで完了です。

MAXIMATORは、アプリケーションのすべてのケースに対応する豊富なアクセサリを提供します。 それらの一部は、圧力スイッチ、フロートバルブ、およびシリンダーを作動させるためのエア圧式または電気式の方向制御バルブです。 接続アダプター、クイックカップリング、圧力フィルター、高圧ホース、シャットオフバルブ、コントロールバルブも利用できます。

MAXIMATORパワーパックは、お客様の要件に従って設計します。 エンジニアリング部門のセールスエンジニアとWorks Nordhausenの同僚は、専門的なアドバイスを提供し、お客様の特別な用途に適したそれぞれのパワーパックをお勧めします。

Uebersicht_jpg
名称
 
油圧ユニット

メーカー名
 
マキシメーター

型式
 
Hydraulic Units
詳細

Copyright© 2010 マキシメーター・フルード・テクノロジーズ株式会社 All Rights Reserved.